願いを叶える言葉の力

こんにちは、ハーブヨガセラピストのAKANEです。

先日TVで紹介していた本がちょっと気になりました。

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん著の「ウィッシュリスト100 願いを叶える、笑顔になる方法」という本です。

9784062998499_obi_l

「テニス選手になるという夢を叶えた私は、引退後、人生の大きな変化に戸惑っていました。やりたいことを書いていく”ウィッシュリスト100″のおかげで新しいライフを切り開くことができたのです。多くのみなさんにとっても、このリストが望む人生をより輝かせる道しるべとなりますように」(本文より)

 

言葉にして書きだすことで、見えてくるものってありますよね。

頭で考えてるだけじゃだめ。

書いて、書いた文字を目で見ることでそれを脳が勝手に働きだす・・・。

 

これって、ハーブヨガセラピーの中で行う「KotodamaWork」と同じなんですよね。

文字にするってすごい力になるんです。

 

言葉って“言霊”を持っているから。

 

歌の歌詞だったり、手紙だったり、言葉が心を動かしますよね。

それは言霊の力。

 

でも想いのない言葉に魂は宿りません。

 

その言葉を発した人、書いた人の想いが言葉に乗って人へ届くんですよね。

 

KotodamaWorkは内側から自然に湧き出した言葉をただひたすらに書き綴ることで、その自分の想いを乗せた言葉が、自分のもとに届きます。

そしてその自分自身の言霊を受け取った脳、体が無意識に反応し始めるんです。

 

それによって、自分自身ときちんと向き合ったり、自分の恐れや不安に気づいたり、自分の目標が見つかったり、大切な物やいらないものがみえてきたりする。

 

これがハーブヨガセラピーにおける心の体質改善の部分です。

 

体を変えたいとき、体だけを無理に変えようとしてもとてもつらいです。

心と体が同じ方向を向いていなければ、お互いが引っ張り合ってなかなか変わりません。

 

だから、体を変えたいとき、心を変えたいとき、それはどちらも心と体に目を向ける必要があります。