ヘナで経皮毒を出しまくる~

こんにちは、ハーブヨガセラピストのAKANEです。

 

先日、初めて「ヘナカラー」というのを体験しました。

これまでヘナカラーって、ただ髪や地肌に優しい植物のカラー剤ということしか知らなかったのですが・・・。

 

いや~もっと早く知りたかった!!

 

というくらいすごいんです!!!!!

 

何がすごいかというと。

 

そもそも「ヘナ」という植物は、インドでは浄化のために使われるくらいのものだそうです。

お嫁に行く前に女性は体にヘナの色素で絵を描いて、浄化をしてから嫁ぐのだそう。

 

それくらい悪いものを出す力があるようです。

 

ヘナの色素というのはむしろオマケのようなもので、ついでに色も楽しめちゃうよくらいなんです。

 

本来は、体の「毒素」を出してキレイにするという作用がとても強いものだそうです。

 

 

昨今、注目されつつある経皮毒

経皮毒とは、皮膚を通して体の中に入ってくる毒素や有害物質のことです。

 

体中の皮膚のどこからでもこの経皮毒は入ってきます。

腕の内側を1とした場合の全身の割合は下図のような数字です。

 

IMG_8574

 

頭、顔、性器が高いというのがよくわかりますよね。

ですから、この部分に使うものには十分気を付けなければいけません。

 

洗顔、化粧品、シャンプー、トリートメント、整髪剤、カラー剤、パーマ剤、下着、ナプキンなどなど。

 

特に美容院での通常のカラー剤はとても刺激が強いもので、やはり有害物質も多いです。

なので、今回私はカラー剤による経費毒を減らしたいと思って、この「ヘナカラー」を試そうと思ったのです。

 

ですが、このヘナカラー、ただ経皮毒を入れないだけじゃない!ということを知ったのです。

 

毒素を入れないのはもちろん、さらに溜まった毒素も排出してくれるという素晴らしい作用があると。

 

しかも、毒素がなくなることで、髪の毛が元気になってトリートメントなんてしなくてもツヤツヤの健康髪になれるのだそう。

白髪も、カラー剤のようにすぐに色が抜けたりすることもなくきれいな色になっていくし、薄毛の方も健康な髪が増えてきたり。(これは実際にヘナカラーをやっていた方のご主人さまのお写真を見せてもらって、衝撃画像でした。笑)

 

経皮毒というのは肝臓、腎臓、特に女性の場合は乳房や子宮などの女性器に溜まってしまうため、とても怖いです。

肝臓、腎臓は毒素を排出するための臓器ですから、そこにどんどん毒素が溜まれば、いつかキャパオーバーにもなってしまいますよね。

 

その点、ヘナは毒素を入れないだけでなく、毒素排出のお手伝いもしてくれますから肝臓、腎臓の負担も減って、全身の毒素排出がスムーズになっていきます。

 

実際、1回ヘナカラーをやってもらったら、その日の夜には軽い下痢と、つい眠気があり、好転反応のような感じがありました。

毒素出そうとしてるな~と実感・・・♪

 

ヘナカラー、慣れれば自分でもできるし、トータル的なことを考えたらすっごくお得だな~。

 

ちなみにこれがヘナカラー後。

ビフォーを取り忘れたのが残念ですが・・・。

IMG_8711

 

色は1回ではしっかり入らないそうです。

何回かやると色もしっかり入って、ツヤも出てくるそうなので楽しみです♪