ハーブヨガ5大ワークTune-in(チューイン)とは

≪波長を合わせる≫


 

心と体のぽかぽかメソッド『ハーブヨガセラピー』

のクラスで始めに行うのが

 

Tune-in(チューイン)と呼ばれるワーク。

 

 

このワークは、ハーブヨガを行う上でとっても大切な役割があります。

 

 

その一つが、波長を合わせることです。

 

波長を合わせる

 

私たち人間は、みんなそれぞれ波長というものを持っています。

「波」や「波動」とも言われますが。

 

 

この人とはなんだか波が合わない(>_<)

とか、

 

だんだん波長が合ってきたね♪

 

なんて言葉を日常的に使いますよね。

 

 

 

波長という言葉を使わずにしても、

居心地が良い空間もあれば、なんとなく居心地が悪いと感じることがありますね。

 

 

これが「波長」のしわざです。

 

 

このTune-inというワークは、ハーブヨガセラピーの一番初めに行います。

 

そえは、これからハーブヨガを始めるというときに、

 

心地のよい空間を作るため

というのが一つの理由なんです。

 

 

心地よい空間で行うからこそ、ハーブヨガの効果も最大限に発揮ができるということなんですね。

 

 

このTune-in(チューイン)というネーミング。

 

実は「チューニング」という言葉からきています。

 

 

ラジオの周波数合わせたり、

楽器の音程を合わせたりする「チューニング」という言葉。

 

 

どちらも音の波長を合わせるものですね。

 

 

なので、このTune-in(チューイン)も同じように波長を合わせるという意味があります。

 

 

 

≪固まった心を解きほぐす≫


 

大人になると私たちは、

仕事、お金、人間関係、家庭

 

などさまざまなストレスしがらみが。

 

 

そして、

そのために心は鎧のように固まってしまっています。

 

 

固い体では動きが鈍くなるように、

固まった心では感じることが難しくなります。

 

 

新しいものを受け入れたり、

うれしいこと、

楽しいこと、

気持ち良いことも

 

感じづらくなってしまいます。

 

 

Tune-in(チューイン)では、

そんな固まった心を解きほぐすことで、感覚敏感にしていきます。

 

 

 

 

≪敏感な心は変化を吸収しやすい≫


 

私たち人間には五感と言われる感覚を持っています。

 

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

 

ですが、この五感も、現代人は昔の人たちに比べて鈍くなりがちです。

 

 

人口的なもの、音、香りに慣れてしまうと

どうしてもそういった感覚というのは鈍ってしまうものです。

 

 

これは心も同じ

 

 

楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、

などなどいろんな感情が鈍りやすくなっています。

 

 

固まった鈍い心の状態では、何か良いものを取り入れようとしてもなかなか入ってきてくれません。

 

ちょっとスポンジイメージしてみてください。

 

柔らかいスポンジはたくさんの水を吸い込みます。

そして、ぎゅっと絞るとだーっと水がこぼれます。

 

 

心も、こんなスポンジのように柔らかく、たくさんのものを吸収して、

そしてすぐに外に出すこともできる。

 

 

 

そんな心の状態が理想的です。

 

 

この理想的な柔らかい心の状態をつくるのが、

 

Tune-in(チューイン)というワークのもう1つの目的です。

 

 

 

 

≪香りのTune-in≫


 

Tune-in(チューイン)のワークには、大きく分けて2つの方法があります。

 

 

その1つが、

香りのTune-in(チューイン)と言われるものです。

 

 

香りのTune-in(チューイン)は、香りを使った瞑想法です。

香りのTune-in(チューイン)

 

主にハーブや香りのよい果物などを使います。

アロマオイルなどは香りが強すぎるため使いません。

 

基本的に自然の香りのみを使います。

 

 

自然の心地よい香りをかいだり、自然のエネルギーを感じながら行う瞑想です。

 

 

瞑想なんてしたことない、わからない

 

そんな方でも、インストラクションを入れながら行っていきますので難しくありません。

 

 

ハーブヨガで大切にしていることは、自分が心地よいかどうかです。

 

 

 

 

≪描くTune-in(チューイン)≫


 

もう1つのTune-in(チューイン)の方法が、描くTune-in(チューイン)というものです。

 

これは、簡単にいうとお絵かきです。

 

 

ですが、もちろんただ絵を描くだけではありません。

 

 

子どものようにまっさらな心で自然を観察する。

絵を描く。

 

そして思ったことをただひたすら書き綴る。

そんなワークです。

 

描くTune-in(チューイン)

 

上の絵は以前ハーブヨガクラスに参加いただいた方の描くTune-in(チューイン)の絵です。

 

実際には、描いたものはお持ち帰りいただくので人に見せたりするものではないです。

とっても素敵な絵だったのでご本人に許可を得て、お写真に撮らせていただきました。

 

 

このように、ただ自由に思うままに絵を描き、文字を描く。

 

心と体を使って、ただただ自然体になる。

そんなワークです。

 

 

ハーブヨガセラピークラスは毎月テーマを決めて、心も体もぽかぽかに♪

心地よく生きる方法をお伝えしています⇩⇩

ハーブヨガセラピークラスご予約